交通事故で怪我をしたときの注意点

交通事故で怪我をしたときの注意点

 

交通事故にあって怪我をした場合、その怪我の治療等の損害については、あとから加害者に請求することになります。
被害者として交通事故における損害賠償を加害者に請求する場合、原則として被害者がその損害を証明して請求しなければなりません。

 

ほとんどの場合、加害者は保険に加入していることが多く、損害賠償は、その加害者が加入する保険会社が行うことが多いです。

 

その損害を補償することになる保険会社は、損害賠償額としてできるだけ少なくしたいので、比較的厳格に行う場合が多いです。

 

よって請求しようとうするものについては、すべて請求書や領収書を残す必要があります。

 

事故車両の修理を行う費用、病院の通院にタクシーを使った場合はその費用など、損害を解消するのに必要な経費はすべて領収書を発行してもらって保管しておかなければなりません。

 

特に、電車、バスなどの公共交通機関を利用できるに関わらず、歩行が困難である等の理由によりタクシーを利用した場合、入院中の個室の利用等など、通常考えられる出費ではなく、特別な出費が必要な場合などは、確実に裏付けとして領収書を残しておこなければなりません。

 

またその必要性が認められなければ、賠償の対象とならないこともあり、その場合は、自己負担となってしまいます。

 

そのため事前に医師に個室の利用の必要性や、交通公共機関を利用することが困難でタクシー等の利用をしないと通院できないという事情を証明してもらうことが可能か確認する必要があります。


病院の治療費

病院の治療費については、加害者が任意保険に加入していれば、通常は、その加入している保険会社が直接病院に支払ってくれます。

 

保険会社が対応してくれない、加害者が任意保険に加入していない場合に備えて、病院報酬明細書や領収書などは各自で保管しておかなければなりません。