交通事故を起こさない運転方法

交通事故を起こさない運転方法

車を、安全に動かす
道路共有者(他車、自転車、人など)との空間を取ることを意識する。すなわち早めの減速と車間距離の確保を行うことにより車を安全に動かすことが可能となります。しかし、過信してはいけません。

 

予測する運転を行う
周囲の動きも、なになにするだろう、こうするはずだ、と言うように自身に都合のいいように考えない。このようにするかもしれない、ああするかもしれないというようなだろう運転ではなく、かもしれない運転に心掛ける。

 

 

十分な準備
車両を動かす前に行う車両点検に始まり、考えられる不安全要因をすべて排除する。

 

 

確実な安全確認を行うには、
基本的に安心感を持たずに、道路共有者を信用せず、怖い思いながら運転すること。

 

 

安全確認を見落とさず行うには、
人は、いくら確認をしようと思っても見落としすることもある。
そのため相手に回避してもらうような運転が必要です。
運転技術よりも事故を起こさないという気持ちが大事です。
車の安全運転には、運転の技能は関係ありません。
安全運転を行うという意識が大事です。
自分の運転技能を過信して自分は大丈夫であると思うのではなく、自分は大丈夫かと考える。

具体的例

車の点検を行う。
多くの方が免許を取得した教習所では、確実に行っていたとはずです。
しかし自家用車でやっている人はごく少数だと思います。
簡単な不具合を発見できるし、これから車を運転するのだという心構えにもなるかと思います。

 

 

適切な服装で運転する。
ハイヒールや長靴など面倒くさいからといって運転に適切な靴に履き替えず運転すると言うことは、思わぬ危険を招く場合があります。ついそこまでといってスリッパ等で行きがちです。

 

 

車を動かすときに周囲の状況を確認する。
車を動かすにあたって、目で周囲を状況の安全を確認する。道路状況や気象環境にも注意する。死角によって見えないところがあれば、大丈夫だろと思い込まず目で確認する。注意一秒怪我一生。

 

 

交差点での確実な安全確認
優先道路であろうと、信号が青であろうと周囲の車を信用せず、交差点の通過は、アクセルを戻して惰性で通過し、足はブレーキに乗せるぐらいがちょうどいいです。
交差点で青信号での通過中でも過失が0になることはありません。

 

 

十分な車間距離
常に適切な車間距離を確保する。気持ちの余裕がないとどうしても車間距離をつめ気味になります。
適切な車間距離とは、先行する車が急停止しても追突せずに停止できる距離を確保することです。
目安として先行者が通過したポイントを自分の車が3秒後に追加するのが適切な車間距離といわれています。
自分だけは、大丈夫とは絶対思わないことです。事故にあっていないのは、たまたま運が良かっただけかもしれません。