交通事故の過失割合

過失相殺と過失割合

交通事故の起こる原因は、人も過失によるものがあります。

 

車やバイクの運転者不注意があります。

 

このような不注意を過失といいます。

 

交通事故の多くは一方的に加害者の過失によって起きたわけではありません。

 

実際は加害者、被害者双方に過失があり、その結果として交通事故が発生します。

 

よって加害者だけに損害額のすべてを負担を求めることは、不公平です。

 

加害者と被害者の過失割合に応じて交通事故当事者間で損害賠償責任を負担しあう制度を過失相殺といいます。

過失相殺とは

 

例えば、何らかの要因により被害者側に20%の過失割合となった場合、被害者に対する損害賠償額が20%減額されます。

 

損害賠償額が1000万円だとすると実際に加害者から被害者に支払われる額は800万円となり、200万円も違ってきます。

 

実際に交通事故が発生した場合の過失割合は、過去の判例などによる常識的な負担割合が提示されます。

 

この時、過失割合を客観的に判断するための基準として作成されたものがあります。

 

・「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」
・「交通事故損害額算定基準」
・「民事交通事故訴訟損害賠償額基準」

よくある事故の過失割合例

四輪車と歩行者の場合

 

横断歩道上の事故
・歩行者が青信号で、四輪車が赤の場合、過失割合は0% 歩行者0%:四輪車100%
・歩行者の赤信号で、四輪車が青の場合、過失割合は70% 歩行者70%:四輪車30%

 

横断歩道外の事故
・歩行者が青信号で、四輪車が赤の場合、過失割合は0% 歩行者0%:四輪車100%
・歩行者の赤信号で、四輪車が青の場合、過失割合は70% 歩行者70%:四輪車30%

 

歩行者が路上で寝ころんでいた場合
・歩行者が四輪車から発見が困難な場合、過失割合は30% 歩行者0%:四輪車100%
・歩行者が四輪車から発見が容易な場合、過失割合は20% 歩行者70%:四輪車30%

 

四輪車同士の事故
交差点で直進車同士の事故
・青信号の車:0%、赤信号の車:100%
・黄信号の車:20%、赤信号の車:80%
・赤信号の車:50%、赤信号の車:50%

 

交差点で直進車と右折車の場合
・直進車が青信号で進入:20%、右折車が青信号で進入:80%
・直進車が黄信号で進入:70%、右折車が青信号で進入し黄信号で右折:30%
・直進車が黄信号で進入:40%、右折車が黄信号で進入:60%

 

追突事故
・先行車が急ブレーキ:20%、後続車:80%
先行車の信号見落とし等の過失や、後続車の速度違反など条件により過失割合が変動します。

 

被害者、加害者双方の言い分がおおいに違う等により過失割合で合意できない場合は、訴訟により裁判所の判断により決着をつけることになります。