交通事故での病院診察と保険利用

交通事故で保険は使える?

不幸にも交通事故にあい怪我をした場合、よく健康保険をつかったらいけないと聞いたこともあるかと思います。

 

しかし実際は、初診の時から健康保険または労災保険をつかった方がいいです。

 

病院によっては、特に健康保険について利用を拒否するところもあるようです。そのため、交通事故の怪我では保険を使えないという話しが広がりました。

 

法律上では、交通事故の怪我に健康保険を利用することには何の制限もありません。

 

それより健康保険や労災保険を利用した方が被害者にも加害者にも有利な場合が多いです。

 

その理由として、一つ目として保険を利用するということは、自由診療ではない保険診療でありそのため費用が高額になることは必然です。保険の利用した治療であるからと言って医師が不十分な治療を行うことはありません。

 

次に被害者に過失がある場合、通常であればその過失割合で費用を負担しなければなりません。

 

保険治療の場合、被害者にも過失がある場合、健康保険が被害者の過失分を負担することになり被害者の負担が減ります。


健康保険を使えるのは?

なお健康保険を利用する場合、健康保険被保険者証を窓口に提示すれば保険治療を受けることができます。

 

健康保険を利用した場合には、所属する健康保険組合に負傷原因届出書(第三者の行為による傷病届)を提出する必要があります。

 

それぞれの所属する健康保険組合に申請すれば書類を取り寄せることが可能です。

 

労災保険を使えるのは?

 

また通勤途中や業務中の交通事故であれば、労災保険を利用することができます。労災保険が利用されれば健康保険のように自己負担がありません。

保険を使うメリットと注意事項

労災保険か健康保険のどちらかしか利用できません。

 

過失相殺の視点でも保険を利用する方が有利となります。

 

交通事故では、多くの場合、被害者側にも一定の過失があるとされる場合が、ほとんどです。

 

その過失割合によって被害者側が受ける損害賠償額が減額される場合があります。

 

これを過失相殺といいます。

 

損害額のうち保険を利用した支払われた金額については、最終的に損害賠償額より減額されるのですが、保険を利用して支払われた部分を除いた部分について損害賠償額として過失に応じて減額されます。よって減額される部分が少なくなるということより保険を利用して方が被害者が有利となります。

 

なお保険から支払われた金額については、加害者側(保険に加入している場合は、保険会社)に請求、加害者側の支払い額が減額することはありません。しかし保険治療ということで自由治療に比べて全体の金額を抑えることとなります。