交通事故にあったときやっては行けないこと

交通事故にあったときやっては行けないこと。

交通事故を不幸にも起こしてしまった場合にしてはいけないことは、基本的には、やらなけらばならないことの裏返しとなります。

 

慌てる、けが人をそのままにして逃げる、警察に届けない等々になります。特に次のような例が考えられます。

2つの字重要なポイント

・警察に届けずに済ませる
車を運転中に歩行者と軽く接触した。しかし歩行者がけがもなく、大丈夫、急いでいるのでもういいですと言われたような時はつい届出をせずに済ましてしましがちです。しかし加害者となったときは、絶対に警察に届けるべきです。

 

被害者と別れた以降にその被害者がないか不具合が出てきて交通事故を警察に届け出を行った場合、ひき逃げしたと罪に問われる場合があります。自動車と自動車の場合でも当て逃げと問われる場合があります。

 

これは道路交通法第72条第1項に定められています。そのためこのような場合最低自分だけでも警察に交通事故の届け出を行えば、ひき逃げや当て逃げに問われることはありません。

 

・その場で示談する
現代人の多くは忙しいです。そのため交通事故に遭遇しても警察の届けることを怠り、その場で準備できる程度のお金で済ましてしまおいとしがちです。しかし車対車の事故でも車と人に事故でもその場では、損傷程度を見逃す場合もります。

 

負傷の場合、時間を経ってから症状が出てくる場合もあります。特に示談書に相当する書類をお互い交わしてしまった場合は、あとでいろいろな不具合が発生しても一度示談にしているので以降賠償金をもらうことは相当困難となります。

 

正式に示談していない場合でも加害者からみればもう終わった話であるという意識があるの後から補償して貰うには裁判になったりして時間と手間がかかります。交通事故にあった時は気持ちが高ぶっている場合もあり、急いでいる場合もあります。

 

しかし落ち着いて冷静に対応して、行くことにより結果的に時間やコストを減らすことができます。

冷静な判断が大事

このような例がよくあるやっては行けないことになるのでははないでしょか。

 

とにかく大事なことは、交通事故の被害者、加害者になることに慣れた人はまずいないでしょう。

 

交通事故にあった時は、被害者、加害者とも冷静にはなれません。その場で解決しようとせず、面倒でも急いでいても警察に届ける。

 

その場で示談せず保険会社に相談する等を行い冷静な第3者に入って冷静な判断を行ってもらいことにより、結果的にはスムーズな事故処理ができ新たに生活を始めることができます。